平凡な日々

 
 でもそれが一番幸せ。
 

久し振りに

今日のバンクーバー曇り空でしたが気温も低くなく、ぶらぶらお散歩には最適な日でした。





本日土曜日は、日本語学校初日。



ボランティアにいつものように行くつもりでしたけど、久し振りの雨の降らない予報やったので




電車や船などが好きな甥っ子のために、ムスメ達を学校に落としたあと、ぶらぶらお散歩。




バンクーバーから海を渡ったノースバンクーバー市までお出かけ〜。




そこにはSeaバスと呼ばれる船で行けるのです。




学校から駅を目指していきますが、ちょっと気をつけないといけないエリアを通り( 路上居住者もいっぱいで覚醒剤常用者もいっぱいなんよねー、バンクーバーの闇側です)





そこを超えて早速






電車に引き寄せられる6歳







ガスタウンを抜けてWaterfront駅から海を渡ります。





Waterfront駅でまたもや電車に釘付け




Seaバスというだけに、メトロバンクーバー内であるトランスリンクというバス会社の公共バス船バージョンです。


海峡を超えるバンクーバー市から向こう岸のノースバンクーバー市に渡るには、橋をバスで渡るのと、こうやって船で渡る方法があります。



約15分の船旅。

ちょっとした旅行気分を味わえるんで、幼稚園の頃よく遠足の付き添いで行きました。




船に乗るのが実は初めての甥っ子。




楽しんだご様子。






ノースバンは私が初めてカナダに来てホームステイしたお宅がある街です。



ここに来るといつもそれを懐かしく思う。



最初緊張と疲れから、このSeaバスに乗った船の心地よい揺れで眠り込み、向こう岸に着いて起こされたいい思い出も。






なんか縁結びみたいな鍵がいっぱいかけられてる。




前はこんなんなかったよなあ。





着いたとこはロンズデール キーという、その中は魚屋、お花屋、八百屋にお菓子、お土産、パン屋、レストランなど沢山のお店がはいっているマーケットがあります。






甥っ子はアイスクリームを買い、うちらは宝くじとパンを買い、ぶらぶらして帰ってきました。







雨に降られる事がなく、私も久し振りに船旅を経験できて楽しい一日でした。

セルフチェックアウトで

今日のバンクーバーはなんとか夜まで雨は持ちました。




私は仕事やったのですが、旦那は暇なので休みを取ったと、まだ冬休み中の子供と妹たちを連れてお出かけ。





朝から私は血液検査に行って来ました。



顔面痙攣のためにクリニックに行った際にもらったオーダー。

年末年始に当たったのでやっと今日予約が取れたという感じ。





前にも言いましたが、ここの医療は本当時間と手間がかかります。


日本みたいに、病院やクリニックにいっても、すぐそこで検査を受けられるクリニックや病院(救急以外)ありません。



血液や心電図を取ってくれるラボに行ってやってもらうんです。




前はウオークインで行かないといけなかったけど、最近は予約が取れるようになって、これでもだいぶん楽になりました。(前は人がいっぱいだとやめとこ〜って帰ったり、よそのラボに行ったり





血糖の検査もあったので朝ごはんを抜いて検査、その後仕事が入ってたので近くのスーパーで軽いものを買っていこうとウロウロ






マフィンとバナナ2本を買って、セルフで支払いを済ませたら










え?






バナナ......3円?(円ちゃうけど)





パウンド78セントやったはず。

どう考えてもバナナ2本は1パウンドは無くても、3セントは無いやろー!








ま、秤に乗せたらそうやって出て来たんやしな。





私のせいでは無い。





こういうちょっとしたラッキーをありがたく頂いておこう。

新年早々

裏切らないバンクーバー、雨です。





今日は初仕事。



最近顔のビクビクが気になって(言い訳〜) 仕事で「やってもた!」が多かったから





新年は心引き締めやるで〜っと





最後にちゃう客のとこに料理出してもた。








新年早々やってもたがなーーーーっ汗







明日は気合入れ直します。




子どもたちは今日は初ボーリングにお出かけ。




駅まで送って、こう行ってこの駅で降りてって説明して









無事着いたご様子




写真見てお分かりでしょうが....




これバンクーバーの電車路線地図



電車が通ってるのは実はこれと、後

ミッションと言う街まで行くエクスプレスのみ〜。




スンバラシイ!!



あとはバスが大活躍!







これでも電車の路線増えたんです。





よそのプロバンスに行こうもんなら.....







日本からきた私としては考えられない路線地図ですが




文句は言えません。







さておき






子どもと妹と甥っ子は楽しくゲームをして帰ってきたけど、右も左も分からん叔母と従兄弟を連れ、ムスメが責任持って全てやったらしく






頼もしなったわ〜〜。







ムスメにとってもええ経験できとります。