平凡な日々

 
 でもそれが一番幸せ。
 

学校がはじまる

関西エリアを直撃した台風はえらい傷跡を残したみたいですね。
皆様のあたりは大丈夫やったでしょうか?


姪っ子が一昨日にかえって、本当に間に合ったって感じでした。
関空が水没してるし、連絡橋はつぶれてるし。



妹や義姉が送ってきたビデオをみて驚愕でした。
自然の力って人間にはどうにもできへんね。 トタン屋根やベニヤ板が真横に飛んでいくのを初めてみました。



これからまたどんどんと被害の状況が分かるでしょうが、早い復旧と2次災害がないことを祈ります。







さて、こちらはやっとこさ、学校が始まりました。




と、いっても今日は1時間だけ。
しかもクラス替えが分かるのは、金曜日らしい。




こんなのここバンクーバーでは普通です。
今週で決まる方が早いって感じもあり。



とはいえ、カルガリーのお友達はもう担任も決まって、こんな先生なんて言ってるので驚いた。



場所が変わればちゃんとしてるとこは、ちゃんとしてるんやね。




学校にいってきまーっす、って行ってもすぐに帰ってきたし、ムスメは昼から一時間だけで友達と出かけるっていうんで





息子とランチデート❤️




前からずっと食べたいと思ってた、私の大好きなビーフヌードル屋へGo



Lao Shan Dong Honemade Noodle House

メトロタウンのご近所にあります。




ここの手打ち麺はもちもちしてて、スープも最高にうまし!







でっかいのは息子
完食したからマジでビビる。 


前は牛肉だけにしてたけど、最近は牛筋にする。
これがとろっとろで、また最高。
これに酢と自家製のスパイシーソースを入れたら、もうスープ飲み干し完食でーす。





明日からまたお弁当かんがえんといかんなあ。

アメリカ旅行最終日

長らくおつきあいありがとうございます。




キャンプの朝は、鳥の鳴き声と、リスの朝ごはんのカリカリいう音でお目覚めでした。



ここからバンクーバーへ向けて、まだ実は7時間あるので、朝ごはんはお外で。





テントたたんですぐ出発。






今日はTillamookのチーズ工場へ







ここで自社のチーズ作りの工程が見れて、試食、購入ができます。





中ではアイスクリームやヨーグルトを買って食べれます。






夜10時にボーダー通過




以外と帰るの早かった。






こうしてバンクーバーからワシントンに渡ってこんな感じで旅は終了しました。




走った距離 7300キロ。



色々と途中あったし、毎日運転移動が長かったけど、今までに見たことのない景色と、全てが初めての街だったし、はるばる姪っ子が日本から来て参加してくれて、思い出深い旅の一つとなりました。

Day13

 キャンプ場はRed Woodsのあたりだったので、土が赤くサラサラで、旦那は新車がよごれる~~~ってすごい神経質になってました。




ってか、もう車、後ろ穴あいてるし、前は飛んできた石で削れたし、すでにえらい距離走らされてるし。 





キャンプ一泊だけって確かにしんどいのですが(着いたのも遅いし、テント張ってはすぐ閉めるみたいな)やっぱり子どもたちが喜ぶし、なんといってもこういうのはホテル暮らしでは味わえない。






それが寝るときにおこった!




さー、ねましょ。って電気消したら




カサカサカサカサカサカサ、、、、


「なに?」
カサカサカサカサカサカサ、、、、


「なになに?! だれか足動かしてんの?!」


カサカサカサカサカサカサ、、、、次は右


カサカサカサカサカサカサ、、、、そして左




誰かがテントを触ってる、、、、、、



ひえ~~~~~~~~~!!  姪っ子はさっさと寝息をしだした息子の足が痙攣でもして触ってると信じたい。


それをそうじゃないと証明した、ムスメ



テントの中で、最初に寝るのに出遅れた女三人がややパニック状態に。



テントをバタバタ音立ててみたところで、しばらくすると


カサカサカサカサカサカサ、、、




外にライトを照らしても、なーんにもおらず。
右から左と動いて永遠となり続けていた。




そんなこんなで、これは「リスです」とでも言わないとパニくってる私以外の若き乙女たち。



さーさー、気にせずおやすみなさい、と、夜は更けていきました。




朝は近所の海岸線にいってみたら、すごい霧。 人っこひとりいない海岸でぶらぶらしたのち、出発。





さらに北上して、今夜はオレゴンのTillamookでキャンプです。そこに向けてひたすら走る海岸線。



綺麗な海岸に降りれそうなので降りてみたら





風が強い~~~!!



永遠と長い砂浜が続いているオレゴンコーストは最高にきれいです。






でも風が強すぎて砂がバチバチ体にあたり、痛いです。


風紋が美しい~~!!




けど、痛い~~~~~!!





水が冷たすぎて風も強いので、カリフォルニアのように遊ぶことはできません。



寒すぎ。





やっぱりいい所だわ。







今までめぐってきた今回のアメリカ旅みたいやねえ。





ここにきて海を眺めると「地球はやっぱり丸かった」って分かります。







そして今日もキャンプ。 夜ごはんは早めにお店で済ましたので、キャンプファイヤーでスナックな感じ。





直火でソーセージを焼いて食べました。




これも超うまかった!





んで、寝っ転がったら






満天の星!





キャメロンの街でハイウエイの横に車を止めてちょっと覗いた空が、本当に星屑いっぱいだったのが最初。 あとは曇ってたり、ぎらぎらのネオンで見えなかったけど、ここにきて最後のキャンプの夜に再び、満天の星を見ることができました。





星座を探すにも星が多すぎて、どれや~?ってなるくらい。





そして、今夜は静かな夜と思いつつ、、、



カサカサカサカサカサカサ、、、、に悩まされた夜でした。