平凡な日々

 
 でもそれが一番幸せ。
 

飛んでる~。

 疲れました。


 昨日はずうううっと起こされまくり。 寝たと思ったら「まみィ~」って声がして、うとうとしだしたら「ゔあああああああ」ってすごい声で起こされ。




 頭が痛い~~~~ってずっというし、熱も高かったけど、特にこれといった他の危ない兆候もなかったんで「薬のんだし、聞いてくるからそれまで耐えるしかないねん!!頑張るんや!」



 と、とても現実的な言葉をムスメにかけて寝たい母親でした。





 もはや私が看護師だったとはだれも思うまい。





 もちろん、背中をさすったり、頭をマッサージしたりはしましたよ、爆!(名誉のため)




 朝になったらちょっとましになり、熱も下がってたので一安心です。


 学校はお休み。
 あーあ、高校にいくようになってから(ここは中高一貫です)休みがかなり多くなった。


 来月はブラスバントのツアーでまたお休みするし、勉強もできんのに単位とれるんやろうか?



 今日はバイト先に挨拶と制服を返しに行ってきました。



 お昼だけ行ってたバイトは、足を負傷して、一体どういった感じになるのか不明やったので、取りあえず私の代わりをさがしてくれ!って他のバイトの人が入ったのですが、その後私の時間との調整がつかず、私はこのままやめる運びとなりました。




 こんな終わり方でなんだか「ええような、あっけないような」と言う感じですが、私が行きたかった、会社のラーメン屋の方に今度はお世話になることに決まりました。




 私の徐々にフェイドアウトしていこうとしてた企みが、あっさりこんな形で職場変更することに。




 日本ではコロコロ職場をかえるのは、あんまり好ましくないですが、こちらではコロコロ職を変えることは、「いろんな経験を積んでる」という意味で、かえってプラスになります。




 短期間でも自分の知らないことが経験できたし、人とのかかわり方も(ちょっと難しい人もいたんで)勉強になりました。


 今度のところでも、一生懸命がんばろーっと。




 帰ってきて家の車見てびっくりしました。





 花粉がびっしり。




 旦那もコンコン咳きこむ季節になり、私も咳がまだ続いてるし、もしかして、花粉のせいやろうか?







 


 

また明日も休みだろうか?

今日2つ目の投稿。




またムスメ、お腹と胃が痛い、喉と頭痛も酷いって発熱。



症状多すぎなんですけど。




とりあえず痛み止め飲ませたけど、酷いらしく5時間近く開いてたんで、もう一錠飲ませたらスヤスヤ寝出した。




この人は小さい時からそう。


病気になるとうなされるタイプ。



今晩は看病に起こされそう。







お月さまが綺麗。




ぐっすり寝れたらいいけど。

海外旅行保険

今日は春陽気のバンクーバーです。



お天気が良いと本当に気分も上がります。



朝起きてまず欠かせない携帯のメールチェック✉️



今朝はカード会社からの請求のお知らせ。


ひえ〜〜〜〜〜〜。


カード引き落としの金額を見て、慌てて口座を調べました。




ぎりぎりセーフ!




良かった。




日本では国保をかけてないので自費。なので軍資金はほぼ病院へと消えたのですが、今回は本当に海外旅行保険で大助かりでした。




まず「病院行った」と旦那に電話してすぐにコンタクト取ったのが、銀行のクレジットビザ会社。




飛行機代をカードで買ってたので、それで、もれなく2週間のカバーがしてもらえました。




それ以降になったものは、旦那の会社で入っている特約保険みたいなからのカバー。



それらを全て自分の銀行のカード会社の保険科の人がやってくれ、もうじきお金が振り込まれるとメールが来ました。




良かった〜〜!



やっぱりチケットはカードで購入(いつもやけど)やね。



もれなくタダで海外保険がついて来るんやもん。



勿論保険で降りないところは、旦那の会社ので、








それで降りない分は、BC州の保険でドクター診察料だけ降りたりするんで、自分で保険が何処までカバーされてるのか知っておくのは重要ですが、うちの銀行のVisaのは結構良くて医療費、検査は勿論、薬代も出る。





Visaカードのは、通院しているからか、2週間過ぎる前に1週間追加購入も出来るようで、そうすると「もしかしたら入院で帰国できない」ってなったら、飛行機代も出してくれるという事でした。





結構これで安心して出費する事が出来ました(笑)





やっぱり保険って本当に大事です。

最近海外保険ってすごい高いみたいですが、特に私が今回受けた最高の医療とお値段ならまだ頑張れば払えますが、同じような事をここカナダやアメリカで治療を受けるとなると前にも書いたように莫大なお金がかかります。




そして自分が購入した保険が何処までカバーされるのかきっちり読んで、吟味して購入する事が大事だと本当によく分かります。



今回はどっこも行けんかったけど、色々と学べるいい機会になりました。